上絵付けを楽しむ

陶芸教室で陶芸を嗜んでいる皆さんの中には、土を捏ねるのが楽しくて仕方がないという人も多いと思います。
しかし、陶芸作品が土を捏ねて焼くだけで完成するわけではありません。
土練りと成形を経た土は一度素焼きされます。
素焼きした陶器には下絵を施し、釉薬と呼ばれるコーティング剤を塗り込みます。
いわゆる土ものと呼ばれる陶器は吸水性が高く、素焼きしただけでは水分が浸み込みやすいのです。
そのままでは料理や飲料の水分を吸収して、脆くなってしまう可能性が高いため、釉薬を塗る必要があります。
釉薬はいわゆるワックスにも似た効果を持っており、表面をガラス質の膜で覆うことで水分の侵入を防ぐことが出来るのです。

工芸を体験するなら、Props ART SCHOOL http://www.props-as.jp/

釉薬を塗り終えた焼き物は本焼きと呼ばれる焼きの工程を経て、最後に上絵付けを行います。
上絵付けとは絵の具を用いて陶磁器に最終的な模様を施す作業のことです。
焼き物の見た目を大きく左右するため、非常に重要な工程といえます。
陶芸教室では土練りや形成といった作業だけでなく上絵付けを体験させてくれるところも存在します。
自分好みの彩を陶器に加えたい、土を練る以外の陶芸の魅力を知りたいという人は、ぜひ上絵付けにも挑戦してみましょう。

上絵付けに用いられるのは和絵具と洋絵の具です。
和絵具とは、日本で昔から使われてきた絵の具のことで、ガラスや金属を粉状にした塗料のことをいいます。
和絵具の特徴は加熱することで色が変化するという点です。
そのため、本焼きを終えた焼き物であっても和絵具で上絵付けをした陶器は低温で加熱することになるのです。
加熱による色の変化もまた陶器独特の魅力として親しまれています。
一方で、洋絵の具は熱を加えても色が変化しないため、完成したときの色合いを予測しやすいという特徴があります。
金彩と呼ばれる煌びやかな飾りを施した焼き物は高級感に溢れています。
これは文字通り金や銀といったキラキラした物質を溶かした液体を使って焼き物の表面に絵を付けるという手法です。
こちらも和絵具と同様に加熱を通して本来の色に変わるのです。

金彩は和絵具や洋絵の具よりも摩擦に弱く、スポンジでゴシゴシと擦ってしまうと剥がれ落ちることがあります。
そのため、金彩を施した焼き物をお持ちの方は取り扱いに注意してください。
陶芸教室では土の形成以外にも上絵付けを体験させてくれるところもあります。
土を捏ねる楽しさと、上絵付けをするときの緊張感は陶芸ならではの魅力です。
手先が不器用という人にも、陶芸教室の講師が優しく教えてくれるのでご安心ください。
試してみたいと思った方はお近くの陶芸教室を訪ねてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

子供と一緒に陶芸教室に © 2018