陶芸教室で出来ること

何か夢中になれる趣味が欲しい、仕事や人間関係のストレスを発散したい。
そんな皆さんにおすすめしたいのが陶芸です。
陶芸は粘土質の土を捏ねまわし、焼き上げることで食器や酒器などの焼き物を作るという工程のことをいいます。
土を触っている間の高揚感や、知らないうちに集中している感覚は一度味わうと病みつきになることでしょう。
陶芸を気軽に体験したいと考えている人は陶芸教室に通ってみてください。
今回は、陶芸教室では具体的にどのような体験が出来るのかについて詳しくご紹介します。
陶芸という言葉を聞いて真っ先に思い浮かべるのは、ろくろの前に座って土を成形している姿ではないでしょうか?
陶芸教室では小型の電動ろくろを採用し、小学生程度のお子さんでも気軽にろくろを触れるような体験を実施しています。

回転している土に触れたときの独特の感触に興奮してしまう人も少なくありません。
最初は難しく思えるかもしれませんが、講師が優しく指導してくれるのでご安心ください。
陶芸教室では失敗したとしても新たに土を補充してくれるので、初心者の方も気軽にお試しいただけます。
ろくろではなく自らの手で土を捏ねて形成する手びねりという手法で陶器を作るタイ意見も、陶芸教室では実施しています。

自由に土を捏ねることが出来る一方で、皆さんのセンスと創造性が試される場面でもあるのです。
陶芸教室によっては、どのような形を作るべきか手本を示してくれます。
素焼きする前に講師のチェックが入りますから、焼き物にならないような形のまま焼成されることはありません。
また、マグカップなどのように一定の型に嵌め込むことで簡単に作ることが出来る作品もあります。
陶芸が難しいと感じた人は、型取りによる作品作りを実施している陶芸教室を利用すると良いでしょう。
陶芸の工程は粘土を捏ねるだけではありません。
素焼きした焼き物に絵の具や転写紙で絵付けをするのも大切な作業です。
陶芸教室では、土練りから絵付けまでの全てを体験で来るコースと、すでに素焼きしてあるものに絵を付けるだけのコースを用意しているところがあります。

絵を描くのが好き、自分で模様を付けた陶器を使ってみたいという人は後者のコースを選択すると良いでしょう。
絵が苦手という人も、転写紙を使うことで綺麗な模様を簡単に付けられるので臆することなく挑戦してみてください。
陶芸教室に通うことで得られるのは、自分で作った焼き物だけではないのです。
土を捏ねて集中している間は、日頃のストレスからも解放されます。
友人や家族と一緒に陶芸を体験すれば、楽しい思い出として心に刻み込まれることでしょう。
陶芸教室で体験出来る様々なコースを楽しむことは、人生を美しく彩るのに一役買ってくれるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

子供と一緒に陶芸教室に © 2018